自分の児童と暮らす夏休みは何よりの幸せ

未分類

今まで夏はただ暑いだけの産物でしたが、赤ん坊を産んでから、一緒にあかすエンターテイメントがいっぱい増えました。
クラブや海にも日焼けすることを理由にあまり行きたくありませんでしたが、赤ん坊はクラブが穴場!
暑い夏は水着を着て、クラブの準備をして、日々でも添える善悪だ。
暑いしている時での私の楽しみは、赤ん坊を連れてうちに戻る所。
うちに帰っておるうちはおばあちゃんおじいさんが赤ん坊の心配をみてくれるのでとってもスムーズ。
両親が喜ぶ組み合わせをみるのも、私としては親孝行できている気がして有難いものです。
また夏場のエンターテイメントといえば花火。
大人になってからは花火ビッグイベントに行くことはあっても、手持ち花火をすることはなくなりました。
でも赤ん坊を秘めると、手持ち花火をいっぱいやりたがります。
それだけで大はしゃぎの赤ん坊。
自分が小さい頃も、こうやって遊んで夏場を楽しんでいたなぁと、懐かしく思いだすのも夏場の醍醐味です。

また夏休みといえばファミリートラベル。
度年連れていってもらっていたけど、今はもう自分が赤ん坊をトラベルに連れていく番。
暑いしている時、両親は危険だったろうなと、色々と想うところがあります。
赤ん坊を育て上げるということは両親に感激すること、それを思い出させて得る夏は素敵です。
ラピエルはどこで買えば一番安い?

電車が嗜好の私の一年中の時刻期日

未分類

とある休日の朝方、起きれ次第にマイホームを出たので、集合時間にはかなり早くたどり着くと分かりながら、JRを乗り継いで三宮まで行きました。日頃は、大阪よりもまだ、JRにのぼり、西へ出向くことはめっきり静まり、1年に数回か、数えるくらいになりました。大阪から芦屋を過ぎ、閑静なお金があったら住みたくなる感じの表通りを過ぎ、見慣れぬ展望に他国胸中とまでは言いませんが、マインドが少し軽くなりました。どうしたら、お金が貯まるのかなぁと、地下鉄のの間から窓の出先を見て数十秒思ったと思います。
早くにつきすぎて、カラオケ店頭も閉まっていました。マクドナルドで、しばらくやり過ごすことになりました。好きなコーヒーを頼んだかなぁと思います。思いのほかに他にも朝から知人が何人間もいて、昼前という眠気がどこかにいきました。紙袋のの間にあった、おそらくマーフィーのルールのガイドブックを読んでいたと思います。記念ずれかもしれないけれど、テンションを下げたくないと思っていたと思います。今日は、なんと、ビブレで歌のコンテストがあって、私も出演する結果、実はストレスしながら、出かけました。何か1ヶ月か前から歌っていた松田聖子様の歌だ。カラオケ店頭で躾と見なしショップに赴きなおせば、列ができていて諦めて、控え室に行きました。スマートレッグが気になります。

そうです!大好きな祖母の住居へ帰って喜ばせてあげよう

未分類

僕は近年都内にいるのだが、夏は決まって新潟にある祖母の民家に出向く。特にはすることがないが、しきたりとなっている結果此度年も戻るのだ。地方は都内と変わり情勢が美味く、自然に満ち溢れていらっしゃる。そのため、祖母が育てておる野菜は格別に美味しく、農業の助太刀を講じる。これがまた普段から作用に欠ける僕にとって労役です。しかし、働いた分だけに喜べるごちそうというものは、いつもの何ダブルも美味く感じる。お盆のシーズンに帰るのだが、この時期はいとこや叔母さんなどが集まる。年に数乏しい機会とあってか、会話が弾み、止まらないことだろう。みんなが集まってやることといえば花火です。多くでする花火はまるで巨大なお花のように華麗で嬉しいものだ。夏場といえばお催しを忘れてはいけない。祖母の家の近くでは盆踊りをやる。僕は舞踊が得意ではないので見ているだけだが、代わりにビンゴフェスティバルに列席やる。しかし未だに景品が当たったことはなく、いとこばっかり毎年当てているのだ。おもしろいスパンこそあっという間に過ぎ去って出向くものである。此度年の夏はいかなることが起こり、いかなる鉢合わせがあるかはわからない。こんな夏場が今から楽しみである。去年よりも有意義に。そして面白い思い出整備がやれることを願ってある。アルバニアホワイトニングクリームは使った良かったです。

押して押して押して三兄妹の夫人になりました。

未分類

主人との遭遇は派遣先のショップだ。こちらはキャンパスを1年留年していましたが、いなかに舞い戻りパートタイマーとしてキャンパスに行きながら働いていました。その派遣先には実父が働いてあり、実父とおんなじショップでした。父が2フロアのフロアにあり、こちらは4フロアのフロアにいました。私の幼い頃を知る人も多くあり、可愛がってもらいましたが、父の風貌に泥は塗れないと負荷と意欲がありました。もちろんおんなじショップなので、父と話をしたり、父の飲み会にも呼ばれました。そして、2か1ヶ月が経つと独身の同年料金の男を紹介されることが目立ち、自然と飲みに出向く機会が目立ち、そこで今の主人と出くわしました。父の下位で、こちらより5才年あとでした。第ゼロ傾向は笑った風貌が手厚く、2後者会に行くと寝てしまう人でした。それから所入れ替えをしてまた飲みに出向くコミットメントをしました。
後々、申し込みが切れ別の派遣先に行くことになりましたが、ここで取り逃す物かとこちらから常々メルアドや飲み会に導き、1ヶ1ヶ月に2~3回は会っていました。そして、初めて出会ってから6ヶ1ヶ月が過ぎた頃にこちらから報告し、交際することになりました。そこからはあっという間に交際2ヶ1ヶ月で結納、8ヶ1ヶ月でブライダル&入籍、1年後には長女が産まれました。怒涛の日毎でしたが、今でも笑みの手厚く夜は娘より手早く寝てしまう3児の良きパパとして日毎、就業や養育のおお手伝いを頑張ってくれています。通販で胡蝶蘭を買ってもらいました!

夜空の下でプロポーズ

未分類

少し木の葉が色づいてきた秋の季節、付き合っていた彼と大分県くじゅうの山へ登りました。山では初めてのテント泊でした。熊本県から車で向かったのですが、道が混んでいたので少し時間がかかってしまいました。またこの日は風がとても強く、一泊用の重いザックを背負って長時間歩くのは登山初心者の私には少々辛かったのを覚えています。夕暮れが迫っていたのと風が強かったことで私たちは無言で歩いていました。景色を見る余裕もなく、なんでこの日に登山なんか、と私の心の中はもやもやした気持ちでいっぱいでした。ようやくテント場へ到着したころ、ちょうど日が沈もうとしていました。慌ててテントを立てて、近くの温泉へ入りました。体が冷え切っていたので暖かい温泉は天国のようでした。お風呂からあがって彼と合流すると、少し風の勢いが小さくなっていて、頭上には満点の星空が広がっていました。桟橋に座って二人で空を見上げていました。
「年とっても山登りできるかなあ」
彼がそんなことを言いました。
「できるよ。定年してから山登り始める人たくさんいるじゃん」
湯冷めしてきて体がだんだん冷えてきました。
「おじいちゃんおばあちゃんになっても一緒に山登りしてくれる?」
「いいよ~」
軽く答えた後、なんだかプロポーズみたいね、と思って笑ってしまいました。
「なにそれ、プロポーズ~?」
彼は何も答えず、二重にはめていた私の手袋をはぎとりました。
いじわるされた!と少し憤慨しましたが次の瞬間、左手に何かひんやりしたものが当たる感触がありました。
「結婚しよう」
薬指にダイヤの指輪がありました。まさか本当にプロポーズだったとは思わず、信じられないことが起こったと涙がこぼれました。
頭上で輝いていた星が、いつの間にか、手元に降りてきていたのです。
それまで結婚について深く考えることはありませんでしたが、プロポーズをされた瞬間に彼との結婚を決意しました。
しんどい登山の時でも、寒空の下でも、プロポーズには人の心を動かす相当なパワーがあるようです。

ケーストップでツルスベ肌になって幸せです!
この夏は海やプールなどに行ってVゾーンなどを気にしないで目一杯楽しんでいきたいです!

ムダ毛について

未分類

ストッキングが黒から肌色に変わる頃に焦りだすムダ毛の対応。特に肌を露出する夏は全身のムダ毛と闘わなくてはなりません。そこで毎年恒例のように脱毛処理について井戸端会議が始まるのは女性ならではのイベントです。美容機器から脱毛サロン、医療脱毛、自己処理の脱毛法などたくさんの言葉が飛び交います。効果についての話はもちろんですが痛い、痛くなかったなどの体験談も多く飛び交います。そんな環境の中でも意外と脱毛サロンについてはまだ未知な女性は多くいます。それでもこれからの予備軍女子のほうが得が多いのが羨ましいところ。なにせ周りにいる女性は脱毛サロンのプロとも言える先輩方ばかりで毎年のように変わる最先端の技術を横目に過去の痛かった体験と比較してくれます。なので調べなくても勝手に情報が出てきます。早い段階からサロンで施術を受けている女性は美への意識も高いため知識や情報も確かなものが多いのでその中から自分が合うサロンを見つければいいだけなんです。なので脱毛に興味が出てきたら職場や身近な人に聞くと大抵の女性が詳しく親切に教えてくれるので何気なく聞いてみるのもいいかもしれません。自己処理で出来る事は限界もあります。ムダ毛の処理というストレスをなくして快適に過ごすのはとても素敵な事です。脱毛サロンなどで施術を受けると今までの自己処理の苦労に脱力してしまうくらいです。それだけするのとしないのでは大きく違ってきます。

ページの先頭へ